④薬で本当に治るのですか?

ぼくがお勧めしているのは、ビスフォスフォネート剤というお薬です。アクトネルもしくはボナロン等です。1週間に1回の服用が一般的です。最近は1ヶ月に1回とうタイプのものも使用されるようになってきました。この薬としては、かなり“特殊”なタイプの薬です。

骨はカルシウムのセメントとコラーゲン繊維の鉄筋でできている、いわば鉄筋コンクリートのようなモノです。そしてビスフォスフォネート剤は、服用するとカルシウムのセメントに入り込みます。また骨に吸収されなかったお薬はそのまま尿に排泄されてしまいます。そしてこれだけではなんの働きもありません。しかし! 破骨細胞がこのビスフォスフォネート剤入りの骨を食べると、その破骨細胞は死んでしまいます! つまりビスフォスフォネート剤は、骨を食べた破骨細胞にしか作用しないわけです。ですから理屈上副作用がありません。歯科の治療にも問題ありません。そして効き目は強力です。尿中NTxが100ぐらいの人でもだいたい2ヶ月~4ヶ月ぐらいで正常化します。