腰痛は必ず自分で治せます。

なぜなら犯人は、自分自身の背筋と”錯覚”だから!!

そして自分自身でしか治せません。

ほとんどの人が生涯のうちに一度は経験する腰痛。腰痛は医療機関を受診する理由としてカゼに次いで2番目で、75%85%の人が腰痛を経験します。そして、医学的には原因がよくわかっていないことになっており、ほとんどが原因不明のまま「腰痛症」と診断されています。

しかし『ギックリ腰の正体』は簡単です。「なぜ腰が痛くなるか?」ではなく、「なぜ腰におこった痛みが、ギックリ激痛!!になってしまうのか?」と考え方を変えるのです。そうしてギックリ腰になった人の立ち上がり方を観察してみれば、『ギックリ腰の正体』がわかります。一目でギックリ腰だとわかる奇妙な立ち上がり方、あれは痛いからそうなっているのではなく、そんなことをするからひどい痛みが起こるのです。断言します!ギックリ腰を引き起こす一番の犯人は、自分自身の“錯覚”です。錯覚と言っても、痛くないのに痛いと感じているということではありません。『腰のかばい方』を間違えているのです。「一番痛くなる方法で腰をかばおうとするから、ますます痛みがひどくなって手が付けられなくなる」というのが『ギックリ腰の正体』です。

ですから、理屈がわかってしまえば、ちょっとしたコツでギックリ腰を起こさないようにすることができます。それでは『ギックリ腰の正体』を、順をおって解説しますので、みなさんも腰痛ごときは自分でやっつけて下さい。

    腰痛の犯人は、自分自身の背筋と錯覚である。

ギックリ腰を引き起こす錯覚とは?

ギックリ腰の正体とは?

    爆笑筋の動かし方を身につければ腰痛が消える!

どうすれば腰痛が消えるか

急性腰痛(ギックリ腰等)

慢性腰痛

③よくある質問

~腰痛の解説をする時によく尋ねられる質問にお答えしておきます。

では背筋とはいったい何のために発達してきたのですか?

日常生活で何に気をつけたらよいですか?

手術しないと治らないようなヘルニアの腰痛でも有効ですか?

爆笑筋の練習はリハビリというより、体育に近いです。ですからできるだけ早く、それこそ学校の体育で教えるなどして、できれば小学1年生ぐらいから爆笑筋の使い方を体得させたいと思っています。そうすれば、運動が苦手な子が減り、さらに将来的には腰痛を絶滅させることができるのではないかと思っています。

 

ホームに戻る